スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モチベーション

今日
純粋未習で入ってきた人と
帰り道に一緒に寄ったラーメン屋で
少し話す機会があった。


彼は、自分の過去の具体的経験から
法曹になりたい
法曹になって、こんな仕事がしたい
という明確なビジョンを作り上げていて
それむかって努力することに
大きな価値を見いだしている人でした。


彼と話して思ったことは

やっぱり純粋未習で入った人は
目標をハッキリと具体的に自覚していて
モチベーションが違うな、と。


今まで自分が勉強してきたこと
場合によっては生活の糧である仕事 を
“なげうって”ロースクールに来てるわけですから
当然といえば当然かも知れません。


一方で
じゃあ、自分を含めた法学部出身のロースクール生が
果たしてどこまで
法曹になりたい、という
切迫した欲求というか
具体的な体験に裏付けられたモチベーションを持っているか。


僕自身だって、
将来はどんな法曹になって
どんな仕事をしたい、という目標はあるけれど

彼のように具体的経験から発生したものではないし

どうしても
彼に比べると自分の気持ちは弱いような気がしました。


甘い世界では無いのは自覚しているので
何とか、自分を甘やかさないでいきたい。
スポンサーサイト

充実感

僕は、正直、学部時代は全くといっていいほど
勉強していませんでした。


その理由の大きなものは、やはりバイトにあります。
大学5年間、バイトに打ち込んだことは
後悔はしていません。
それで他の人が得られないものを
たくさん得たと確信しているからです。


でも、勉強に時間をかけられなかったことに関しては
今は少し、後悔しています。



僕は、一度法律の道をあきらめかけたことがありました。
同学年のみんなが就活をして、内定をもらって、
社会に出て行こうとしている。

当時、法律に対して完全に自信を失っていた僕にとっては
それがすごくうらやましく写りました。


でも、就活したことを通じて、やっぱり自分は法曹になりたい。
やっぱり自分は法律の勉強にチャレンジしたい。


そう思い直し、ロースクールの受験勉強をしました。

結果、既習ではどこも受かりませんでしたが
今のロースクールに、両親に頼んで入れてもらいました。


そんな僕にとって今

1つのテーマについてじっくり時間をかけて勉強する、というのは
すごく新鮮で、充実感のある作業です。


もちろん、2回生3回生になれば、やらなければならないことが増え
今のようなことはできないかも知れません。

でもだからこそ
今、こうして時間をかけられることに、すごく満足してます。

正直、ロースクールに入る前は
「朝から晩まで法律の勉強なんて…」と思っていましたが
今は実際にそれができてます。

これには、バイトをほとんど辞めて
完全に頭を法律の勉強中心に切り換えたのもあるでしょう。


ともあれ
これを1年間継続できるように

そして、来年入ってくる既習者の人たちに
負けたくない。

衝撃の一言

火曜日。

潮見大先生の授業中の出来事でした。


潮見「では、○○くん」
生徒「はい」
潮見「相関関係説とは、どのような考え方ですか?」
生徒「権利侵害は違法性の徴表ととらえて、その違法性の有無は、被侵害利益の内容と侵害行為の態様の相関関係によって判断すべきとする考え方です」
潮見「そうですよね。では相関関係説にはどのような批判がありますか?」
生徒「違法性の有無の判断基準として、被侵害利益と行為態様の2つでは足りない、とする批判です」
潮見「ほほう。その考え方を何といいますか?」
生徒「受忍限度論です」
潮見「そうですね。他には批判はありませんか?」
生徒「条文にない違法性などという要件を持ち出す必要はなく、権利侵害と故意過失という2つの要件で充分とする考え方があります」
潮見「そうですね。いや、すばらしい!」
生徒「…?」
潮見「いや、そこまで言えたら充分です。K大学の既習者の人とも渡り合えますよ」
生徒「…」
潮見「K大学の既習でもこんなん分かってない人たくさんいるんですよ!」
生徒「…」
潮見「何年前でしたかね…同じ質問をK大学でして、私はある発見をしたのです」
生徒「…??」


潮見「ボールペンって片手で折れるんですねw」

生徒「…!!」

潮見「なかなか答えてくれないから、『早く言ってよ~』と思ってたら」
生徒「…(ガクガクブルブル)」


潮見「ボキッ!!ってね」

生徒「…(ドン引き)」

潮見「では次の質問にいきます。」


顔は笑っていても目は笑っていない大先生でした。

憲法改正

たまには法律の勉強をしてるっぽい日記も。w

憲法の授業で
自民党の改正草案の内容は、憲法改正の限界を超えているか?」
という問題がありました。


憲法の改正については、憲法第96条に規定がありますが
実際には、日本国憲法が最高の普遍的価値としている
「個人の尊厳」に立脚した、いわゆる三大原則
すなわち、①基本的人権の尊重、②国民主権、③平和主義
については、これを没却するような改正をすることは
『憲法の自殺行為』に当たり許されない、とするのが通説です。


そこで、前掲の改正案について色々と考えていたのですが

世間でも注目されたのは、改正第9条の2 ですよね。
自衛隊を「自衛軍」としてその保有を憲法に明記した、と話題になりました。

自衛軍ないし自衛隊が『必要かどうか』という問題は置いといて
(この点は人によって千差万別の意見があり得ると思います)

そもそも自衛軍の保持を明記することは、
現行の憲法の「平和主義」と矛盾するので
そんな改正はできないのでは?という問題があります。

これについては、長くなったので追記にしました↓
興味ある人は読んでみてください。


で。

僕が気になったのはそこではなくて。

特に法律やってる人に意見を是非聞きたいのですが

改正12条・13条・29条は
それぞれ現行の同条にいう「公共の福祉」が
「公益および公の秩序」に書き換えられてますが

これって憲法改正の限界を超えてないですか??

「公共の福祉」の意義については、一元的内在制約説
すなわち、人権相互の矛盾衝突に対する調整原理とするのが通説です。

一方で、「公益および公の秩序」というと
基本的人権とは直接に無関係な「公益」ないし「公の秩序」
によって人権が制限可能になってしまい
人権を最大限に保障する、という憲法の目的が没却されてしまうのではないでしょうか。

しかも、リンク先のPDFのP.32で
「国家の安全と社会秩序を維持する概念」として
公共の福祉を捉えようとしていますが、

22条や29条といった経済的自由権についてならともかく
人権保障の一般的規定とされる13条にまでこの概念を適用しようとするのは
13条から導かれる種々の人権や、精神的自由権にまで
「国家の安全と社会秩序の維持」を目的に制限を及ぼせることになり
戦前の明治憲法における「法律の留保」と殆ど同一になってしまいます。

これは明らかに「基本的人権の最大限の保障」を目的とする
現行憲法の精神に反するものであって
草案のような改正は許されない、と自分では結論づけました。

まだ授業でこの問題は扱われてないので
他の人の意見も聞いてみたいです。

続きを読む

1週間

ロースクールに入って、最初の1週間が終わりました。
毎日40分の自転車通学にも慣れて
クラスの雰囲気もよくて、なかなか良い滑り出しです。


この1週間で思ったこと。

それは、僕がいままでいかに甘えていたか、ということ。


学部にいた時は
自分がちゃんと勉強していなかったことを棚に上げて

教授の授業の質が悪いだの
あの授業では賢くなっても試験には受からないだの

ゴチャゴチャ文句ばかり言ってました。



そんな自分が、今は恥ずかしいです。



今のロースクールでの授業を受けて
京都大学の教授がいかにすごい人たちかを
今更ながら実感しています。



ハッキリ言って今の段階では
どの先生も、僕の予習を超える授業をしてくれていません。
もちろん、未習者コースですから
先生方も、純粋未習の方々に配慮して、そんなにむちゃくちゃ難しいことはしません。


でも、中には
課題を与えておいて、それに対する考察をろくにしない先生や
説明がいい加減で全く理解できない先生などがいて
正直、がっかりなところもあります。

でも1人だけ、例外がいます。

それが、潮見先生。


学部時代に債権総論を受けたときには
正直、先生が何を言っているのか分からないことも多々ありました。

しかし今になっては、それが全く自分が勉強不足だったからだと思います。


ちゃんと予習をして、勉強して受ける潮見先生の授業は
とても分かりやすくて、丁寧に教えてくれる上に
不法行為法の最先端の理論にも触れてくれます。


ああ、自分はこんなすごい先生に習っていたのに
何をしていたんだろう

と、今になって思うのです。



We can not realize the value of health untill we lose it.

外に出て初めて、京大の良さに気づきました。



ロースクールに入って良かった、と今のところは思っています。
今までの自分の甘えに気付けたから。


来年の4月、既習で入ってくる人たちには絶対に負けたくない。

そのつもりで、1年間勉強します。

ショック

コピーカードをどっかで落とした…。

1800枚のうちまだ10枚ぐらいしか使ってないのに…orz



誰か拾って教務係に届けててくれないかなぁ(泣)



カードもらってまだ2日しかたってないのに
これから1年間自腹でコピーかよorz

始動

今日、大学院でガイダンスがありました。

いよいよという感じ。


さっそく明日は1限からです。



とりあえずこれからの3年間は
「人生で最も勉強した3年間」にしたい。
自分の許容限度いっぱい勉強して
どこまで行けるか試してみたい。


ま、当面の目標は「友達づくり」かなw
未習者コースには旧知の友人は1人もいないので
とりあえず早く賢い人と友達にならなければww



それぞれの科目の担当の先生方が
ありがたくもシラバスに


「予習時間は○時間以上」


と明記してくれているわけですが

今も「3時間」と書かれていた民法の予習に
たっぷり3時間半かかりました。


そんな中、かしこくも阪大ロー未習に
民法を教えに来られる潮見大先生のシラバスには


「私の講義に対する予習時間は、平均して5時間程度である」


あの…
他の科目はだいたい3時間ってのが相場なんですが…


ああ、ホンマ火曜日(大先生の授業がある)が恐いです。
プロフィール

messy

Author:messy
4月から某ロースクールに通います。

「進むも地獄、退くも地獄」のロースクールでの日々を書いていきたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
時計

X-DAY
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。